ベアンコンパクトの使い勝手は?お札入れはどうなっている?

ベアンコンパクトのすべてを網羅したまとめ記事(有料)はこちら ←ご購入いただいたみなさま、ありがとうございます!

 

こんにちは、makinaです。

エルメスの2つ折り財布、ベアンコンパクト。

大人気のベアンスフレの気品そのままに、小さめサイズになっています。

使い勝手としては、必要最小限ですが普段使いが十分可能。

カード入れが8つあるものの、全部に入れるときつくて出し入れできないので、6枚が現実的。

6枚入れば、最低限としてはクリアです。

独立したお札入れが、ゆったりしています。

小銭入れだけ、慣れが必要。

これは、長財布であるベアンスフレと同じです。

ただし、構造上、長財布のベアンスフレよりも、お金を出し入れする手の動作がしやすいと言えます。

広告



ベアンコンパクトのサイズ感

ベアンコンパクトの大きさは、9.5センチ×12センチ。

厚さは、空の状態で2.5センチです。

お金とカードを入れると、厚さ3.4センチになりました。

それでも、2つ折り財布の中では薄いほうです。

他ブランドのものでも、折り財布というのは、厚さ4センチでも薄いほう。

ベアンコンパクトがお金を入れても薄いのは、ファスナーも細く、構造もシンプルだからでしょう。

広告



重さは、公式サイトにも記載がありません。

量ってみると、97グラムでした。

グッチの「ズゥミ」は、113グラム。

フェラガモの「コンパクトウォレット」が、112グラム。

ボッテガ・ヴェネタの3つ折り財布が、90グラムなので…。

97グラムのベアンコンパクトは、ハイブランド最軽量のボッテガ・ヴェネタの次に軽い。

ということになります。

広告



独立したお札入れがある

エルメスの公式サイトの、ベアンコンパクトの写真。

これだけでは、お札入れがどうなっているのか、確認できません。

現物は、こうなっています。

 

上から見ると、きちんと、お札を伸ばしたまま入れられるお札入れがあります。(その後結局折りたたみますが。)

このお札入れが、深さも、幅も、ゆったりしているのです。

もちろん、枚数も入ります。

お札を20枚以上入れても、びくともしません。

おそらく、30枚近く入れても、ベルト開閉も問題ないはずです。

スナップボタン式の折りたたみ財布だと、お札をたくさん入れるとボタンが留まらなくなりますが…。

ベアンコンパクトはスナップボタンではなくベルト開閉なので、「閉まらない」ということはないのです。

折りたたみ財布で、お札がこんなに入るなんて。

完全キャッシュレスではなく、ある程度現金派の人も、ゆったりとお札を入れて使えます。

広告



カードは6枚が現実的

カード入れは8つありますが、6枚が現実的です。

向かって右の4連ポケットは、幅が狭くてきついので、カードが4枚入らないのです。

(紙やメモなら入りますが。)

カードを無理に入れても、出し入れがままならない…。

そこはカード2枚にしておいて、残りの4か所に1枚ずつ。

6枚入れば、普段使いとして最低限機能します。

「あくまで緊急用」という小さすぎる財布のレベルは、優に超えている印象です。

広告



小銭入れに慣れが必要

小銭入れの扱いに慣れが必要なのは、長財布のベアンスフレと同じです。

ファスナーの上半分にマチがあるだけなので、小銭を見渡すのが難しい。

とはいえ、ベアンスフレよりも、ベアンコンパクトの方が、構造上、小銭の出し入れはしやすいです。

というのも、ベアンスフレはお札入れが完全に右半分にあるので、「お札を出して、小銭を出す」という手の動きが別々になるのですが…。

ベアンコンパクトは、お札入れが上にあるので、財布を持つ手をキープしたまま、お札も小銭も出せるのです。

しかも、小銭入れが縦に長過ぎないので、その分小銭はギュッと集まってくれているわけです。

だから、長財布のベアンスフレよりも、小銭に関しては、出し入れしやすいということになります。

他の、がま口や、ラウンドファスナーの財布ほど見やすくはないですが、慣れればベアンスフレより使いやすいです。

広告



ベアンコンパクトは見た目のきれいさも長持ちする

しかも、正面の見た目のきれいさも、ベアンスフレよりもベアンコンパクトのほうが長持ちしそうです。

どうしてかというと、構造上、ベアンスフレは、正面のすぐ裏が小銭入れなので、小銭の跡が正面に響くのです。

一方、ベアンコンパクトのほうは、正面のすぐ裏はお札入れです。

(小銭入れはその奥。)

だから、小銭の跡が正面に響かず、わりとピンときれいな形が保たれるのです。

「ベアンコンパクトは、小銭があまり入らないのでは?」という懸念もあると思います。

正確に言うと、「小銭をたくさん入れても、お札入れが守ってくれるので正面には響かない。ベルト開閉なので、閉まらないということもない。」

ということになります。

刻印はカードポケットの中

刻印は、個々の職人さんの判断に任されています。

刻印があるかないか、どこにあるかは、エルメスの店員さんもノータッチです。

ベアンコンパクトの刻印は、小銭入れ裏のカードポケットの中(中央部)にありました。

もちろん、必ずしもそこにあるわけではありません。

なお、ベアンスフレは2つ続けて刻印なし、ケリーロングは左右のベルトの裏に刻印がありました。

広告



バッグと財布は揃えなくていい

財布を選ぶ過程で、気になるのが、「バッグと揃えたほうがいいのかな?」ということ。

エルメスの店員さんによると、バッグと財布を揃える人は、「ほとんどいない」そうです。

ケリーバッグだから、ケリーウォレットを使うという人は、まずいない。

バッグがバーキンだからといって、エルメスの財布じゃなきゃいけないという意識は、確実に薄れています。

「お財布は別のブランドの物を使っていらっしゃる方も、大勢います。

皆さんバッグとは別に、お財布は好みで選ぶといった感じです。」

エルメスのバッグだから、ベアンじゃなきゃ恥ずかしいという考え方は、少なくともトレンドではありません。

あくまでエルメスの世界観だったり、格式や受け継がれた伝統を重んじる考えで、ベアンを候補に入れる。

そのうえで、ライフスタイルに無理なくフィットする場合に、ベアンコンパクトにする意味が出てくるのではないでしょうか。

別ブランドの財布を持つ人も、店員さんがおっしゃるくらいですから、大勢いるのです。

人気が高まりそう

「お札を折るのは、気が引ける…。」

そういう人もいます。

「折りたたみ財布は、お札の居心地が悪いんじゃないか…?」という考え方も。

でも、お札入れがこれだけゆったりしていれば、お札の居心地も心配いらないのではないでしょうか。

完全キャッシュレスは無理だから、ある程度は現金も使いたいという人でも、普段使いできそうです。

カードは厳選して6枚に。

小銭は溜めず、こまめに出す。

しっかり普段使いできるコンパクト財布は、需要がうなぎのぼりです。

これから、ベアンコンパクトの人気が高まりそうです。

 

ベアンコンパクトのすべてを網羅したまとめ記事(有料)はこちら

ベアンコンパクトよりも小さい「ベアンミニ」についてはこちら

広告