ボッテガ・ヴェネタのミニバッグ「ザ・ポーチ」の使い勝手

こんにちは、makinaです。

雑誌でもよく見かける、ボッテガ・ヴェネタのバッグ、「ザ・ポーチ」。

クラッチタイプ、肩掛けタイプとバリエーションがある中、一番気になるのが、ミニショルダータイプです。

ひものように細いショルダーストラップに、クシュっとした小さいバッグ。

カラー展開も豊富です。

広告



開閉はどうなっている?

ボッテガ・ヴェネタのミニショルダーバッグ、「ミニ ザ・ポーチ」。

大きさは、13センチ×22センチ×5センチです。

手に取ってみないと意外とわからないのが、開閉がどうなっているのかということ。

このバッグは、マグネット入りの、がま口金具開閉です。

がま口だと、閉まる時の音が大きいものですが、「ミニ ザ・ポーチ」は、がま口金具がレザーで覆われているので、閉まる音が気になりません。

金具がレザーで覆われていると、見た目もソフトな印象なのです。

広告



容量は?

次に気になるのが、容量です。

どのくらい小さいの?

結論から言うと、見た目よりも入らないくらいです。

スマホは押し込む感じですし、財布は折りたたみでも大きいものは入りません。

リップと鍵は入りますが、それ以上入れると、マグネットが自然と開いてきてしまいます。

見た目も、いびつになってしまう…。

容量が見た目よりも少ない理由

容量が、見た目よりも少ない理由。

それは、がま口の可動域に、容量を取られるからです。

だから、荷物の入れ方に工夫がいります。

底の方に、底面積の広いもの(スマホ)を入れ、上の方(がま口金具に近い部分)には、小さいものを入れるのがコツです。

店員さんは、「ピラミッドのように入れると入ります。」とおっしゃっていました。

たしかに。

ピラミッドは、底面積が一番広く、上に行くにしたがって面積が小さくなります。

一番下にスマホ、その上に折りたたみ財布、その上にリップと鍵。

そうやって、荷物をピラミッドのように載せていくと、がま口を「パコン」と閉めることができるのです。

重さは310グラム

公式サイトにも、重さの記載はありません。

実際に量ってみると、310グラムでした。

これだけ小さいので、軽いのは当たり前ですが…。

それでも、金具にはマグネットが入っているので、「空気のように軽い」とはいきません。

もちろん、レザーはなめらかで軽く、ストラップもひものように細いので、その意味では軽いです。

太って見える場合も

これだけ小さいバッグを持つと、どうしても体のほうの大きさが目についてしまいます。

背の高さや、体の大きさが、強調されるのです。

リップケースのような超超ミニバッグもありますが、あれはアクセサリー感覚。

バッグの部類でこんなに小さいと、場合によっては太って見えることもあります。

このくらい小さいバッグが当たり前のように普及したら、みんな見慣れるはずなので、気にならなくなるかもしれません。

今はまだ、少し太って見えるのが気になります。

広告



注目度が高い

それでも、小さいからか、人気が出てきたからか…。

持っていると、かなり目を引きます。

こんな地方都市でも、会話が止まるくらいバッグを見られることが多いです。

認知度が、かなりあるということかもしれません。

これ1つで、今までになかったミーハー気分を味わえます。

「人気だから、私も!」という考えを、普段はしない人でも…。

このバッグを持つと、ミーハーキャラになれますよ。

広告