ブラウンを黒と合わせてもいいのかな?と思った時の3つのコツ

こんにちは、makinaです。

今年流行中の、ブラウン。

雑誌では、ブラウンと黒の組み合わせまで登場しています。

茶色と黒というのは、合わせにくい配色。

コツは、3つあります。

1つは、茶色を、明るいブラウンにすること。

2つめは、末端(外側)のアイテムほど、ブラウンにすること。

3つめは、迷ったらアニマル柄を足すことです。

(1)明るいブラウンにする

試しに、黒と、こげ茶を合わせてみると…。

どちらの色も、綺麗に見えなくなってしまいます。

黒の方は、「明るい黒にする」というわけにはいかない…。

だから、茶色の方を、明るいブラウンにするのです。

キャメルくらい明るい茶系の色は、黒と合わせることが、今までにもありました。

でも今年は、キャメルよりも濃い、明るめのブラウンを、黒と合わせても大丈夫です。

(2)末端(外側)のアイテムほどブラウンにする

今年、ブラウンを黒と合わせるなら。

上に羽織るものや、バッグ、ブーツなど、外側や末端のアイテムほど、ブラウンにしたいところです。

例えば…。

黒のワンピースに、明るいブラウンのボアコート、バッグとブーツもブラウン。

または、黒のタートルやリブニットに、明るいブラウンのワイドパンツ。靴が黒なら、バッグは茶系に。

などです。

もう3年以上も流行しているワントーンコーデも、ここ最近は、外側や末端が薄い色というコーディネートが増えています。

白のスニーカーや、白バッグが流行したのも、その一環です。

広告



ブラウンと黒の組み合わせでも、同じように、靴やバッグなど、末端のアイテムが「黒じゃない」というところが、今年らしさを出すのに有効なのです。

全部はムリでも、アウターかバッグか靴か、せめて1つはブラウンにできないか、意識したいところです。

(3)迷ったらアニマル柄を足す

ブラウンと、黒の組み合わせ。

ブラウンが十分明るければ、これだけでもOKなのですが…。

何か足すなら、パイソンやヒョウ柄などのアニマル柄が、今年は使えます。

黒ベースでも、茶色ベースでも、アニマル柄なら、元々黒と茶色の両方が使われていることが多いからです。

もちろん、自ずと白も入りますから、軽さも出ます。

パイソンもヒョウ柄もなければ、去年のグレーのチェックアイテム。

トレンド感は多少落ちますが、黒とブラウンの中に入っても、違和感がありません。

ハイブランドは提案していない

この、明るいブラウンと黒の組み合わせ。

不思議なことに、ハイブランドは提案していません。

それなのに、ミラノの街中や、ファッショニスタのスナップには、今年は頻繁に登場するようになりました。

日本でも、きれいめカジュアルの雑誌には載っていますし、何より、街を歩いている人が、この組み合わせをしているのです。

先日は、黒のリブニットに、明るいブラウンのフレアスカートと、同じく明るいブラウンのイブサンローランのレザーバッグを合わせている人がいました。

ハイブランドが提案しているというよりは、街行く人が、明るいブラウンを手にした時に、ごく自然に「黒と合わせたい」という気持ちになっているのではないか。

そんな印象を受けます。

しばらくしたら収束しそう

黒と茶色の組み合わせが、「定番」と言われるまで普遍的なものになるとは思えません。

今までにも、「黒と茶の組み合わせはアリ」という空気が、生まれては消えていっています。

また、今年少し出てきていて、しばらくしたら収束するでしょう。

ただ、今年はいろいろな明るさのブラウンアイテムが出てきているので、黒と合わせることも可能なのです。

まずは、明るいブラウンを選ぶ。

そして、アウターやバッグや靴など、末端(外側)に行くほどブラウンにする。

迷ったら、アニマル柄を足す。

意外なほど街で見かけることが多い組み合わせなので、ぜひ注目してみてください。



ブラウンの服が周囲に与えている意外な印象

ブラウンが流行った代わりに減った色とは

ビッグシルエットはなぜ流行したのか

ロングスカートが流行ったのはなぜ?

2020年に予算を回すために今年はファッション以外のことをしよう

イヤリングまたはピアスを1人平均10個持っている!?

フラットシューズなのに靴擦れする理由