「私にください」と言ったことがありますか?

こんにちは、makinaです。

「欲しいものがあるのなら、まずは自分から与えましょう。」

よく言われる言葉です。

でも、これだけでは測れないから、世の中は難しいものです。

夢を叶えるために、お金が必要なら…。

「私にください」と言うことが、命運を分けることがあります。

あなたは、「私にください」と言ったことがありますか?

お金を持っている人の切実な悩み

金銭的に豊かな人は、切実な悩みを抱えています。

それは、「お金の使い道が見つからない」ということです。

持っているお金を出したいのですが、信用できる先がないのです。

「ここにならお金を出して大丈夫」という先が、なかなか見つからない。

お金をたくさん持っている人は、街の募金箱にお金を入れられません。

そのお金がその先どこに行くか、わからないからです。

お金を出したいのに、出す先が見つからないのです。

このストレスが、どれほど大きいか、わかるでしょうか。

想像するだけで、生きる気力(何のために生きているのかという目的)が目減りするくらい、イライラするはずです。

本当に、困っているに違いありません。

寄付をするにしても、どこでもいいわけではありません。

広告



しかも、お金持ちの人は、ムダを嫌います。

お金が行き渡るまでのコストを、極限まで削りたい。

そうなると、「お金を出す先」が、いつまで経っても見つからないのです。

「誰か私のお金をもらってくれませんか?」なんて言えない

そんなふうに困っているところに、信用できる人が現れたら。

しかもその人が、「私にください」と言ってくれたら。

どれほど救われるか。

その喜びを、想像してみてください。

年配の人だったら、なおさらです。

長年の悩みが解消される喜び。

どうしてそんなに跳び上がるくらいうれしいのか?

それは、自分からはそんな誤解を招くようなこと、言えないからです。

「誰か私のお金をもらってくれませんか?」なんて。

「お金を出す先が見つからなくて、困っているんです。」なんて。

そのうえ、自分でも、この悩みが「そのお金を私にください」と誰かが言ってくれることで解決するということに気づいていません。

だから、思いがけず問題が解決して、跳び上がるくらいうれしいのです。

「この人は、私よりも私のことをわかってくれている!」と。

普通の人は、「そのお金を私にください」と言うなんて、考えもしないかもしれません。

でも、気づいている人は気づいています。

相手の気持ちを想像すると、思ってもみないことが、見えるようになるのです。

「私にください」と涼しく言える世の中に

お金持ちの人は、こんな悩みを気軽に相談できる人がいません。

人は誰でも1人だし、孤独です。

でも、彼ら彼女らは、人一倍孤独です。

それを、「贅沢な悩み」と言い切れるでしょうか。

誰かにわかってほしいと思うのは、同じではないでしょうか。

「欲しいものがあるなら、まずは自分から与えましょう。」

これが当てはまらない場合も、悩みの深さは同じなのです。

「私にください」。

涼しくこれを言える人が、本当に困っている人を救います。

これからの時代、そんな世の中にしたいと思いませんか?