少し長めのパールネックレスはどこに売っている!?

こんにちは、makinaです。

パールネックレスが欲しいけど…。

どこのお店も、42センチとか、短いものばっかり。

少し長いパールネックレスを求めて、たどり着いたのは、ショッピングモールのジュエリーショップの「真珠メーカー直売イベント」でした。

ショッピングモールのジュエリーショップの「真珠メーカー直売イベント」

長めのパールネックレスというと…。

80センチの「ロングネックレス」しか見当たりません。

これが、高いのです。

百貨店の宝飾売り場だと、80センチのロングパールは、目が飛び出るような価格です。

広告



それに、80センチは、長すぎる。

通常の42センチより、少し長ければいいのです。

ショッピングモールのジュエリーショップで聞いてみました。

「50センチくらいでいいんですけど、ちょっと長めのパールネックレスって、特注になりますか?」

すると…。

「通常の42センチくらいのを2本ご購入いただいて、長いもの1本とブレスレットに作り替えることはできます。

でも、50センチだったら、ほんのちょっとですよね。

2本ご購入いただくよりも、1本にパールの珠をプラスする加工をして、その加工賃をお支払いいただくという方法も可能です。」

「そんなことできるんですか!」

「ただ、似ている珠の在庫がないと足せませんので、メーカーさんがここに来る直売イベントの日の方が、話がしやすいかもしれません。

次回は、来月ですので、その時にいかがですか?」

「そういえば、以前『真珠フェア』ってありましたね。

またあるんですね。

じゃあ、その時にまた来ます。

急ぎではないので。」

ショッピングモールのジュエリーショップでは、「真珠メーカーの直売イベント」が、定期的に開催されています。

以前、60センチのパールネックレスを作ってもらった時に、お世話になっていたのでした。

イベント当日

1か月後、イベント期間中に、再度行きました。

真珠メーカーの担当者らしき人に、声をかけました。

「50センチのパールネックレスが欲しいのですが…。」

「それでしたら、こちらの42センチのものに、8センチ分、パールの珠を足しますね。

私、メーカーの者なんですけど、似ている珠がありますので、違和感がないようにさせていただきます。」

そう言うと、計算機を取り出し…。

「42センチでこの価格なので、1センチ当たりこの価格です。

それが8センチ分なので、この価格を足して、それに加工賃がかかります。

今はフェアで1割引き、それから端数はメーカーのほうでサービスさせていただきまして、この価格になりますが。」

他のお客さんもいるので、金額の数字は口に出さず、計算機の数字を次々見せられ…。

ちょっと「加工賃」が高いけど…。

前回2本のネックレスから60センチ1本とブレスレットに作り替えてもらった時は、リフォーム代金無料でしてくれたのですが…。

でも、その時はパーツの金具の代金もかかったし、そもそも2本買ってる時点でお金がかかっているから…。

今回は、1本プラス加工賃だから、仕方ないか。

「それでお願いします。」

3週間で、仕上がるそうです。

それにしても、「1センチいくら」っていう考え方をするんですね、パールって。

守備範囲が広がる

60センチが、普段使いにかなり便利なので…。

50センチも手元にあれば、シャツの開き具合によっても使い分けられます。

Vネックのニットから見え隠れする長さは、60センチ。

シャツのボタンをあまり開け過ぎたくない時に、それでも中にパールが見える長さは、ちょっと短めの50センチ。

50センチのほうが、カジュアル感が薄れ、きちんと感が増すので、出番は60センチより少ないとは思います。

でも、両方あれば、相当守備範囲が広がります。

直売会なら話が早い

少し長めのパールネックレスが欲しい。

そう思って探しても、実物を見られたことはありませんでした。

どこにも、売っていないのです。

それでも、ショッピングモールのジュエリーショップで開催される、「真珠メーカー直売イベント」なら、担当者の方と直接話ができます。

電話で何度も待たされるようなこともなく、話が早いです。

百貨店の宝飾売り場よりも、手頃な価格も魅力。

「どこを探しても、ない…」と思ったら。

「真珠メーカーさんの直売イベントって、やってますか?」と聞いてみるのがおすすめです。



パールネックレスの長さはどのくらいがベスト?

華奢に揺れるイヤリングやピアスはもう古い!?

自分が「上品」かどうか知る方法

クロコダイルのバッグのコーディネートはどうしたらいい?

ベルトがステータスに!?ウエストマークは体形維持の証