ロエベ「ハンモック」の流行予測の途中経過を検証

こんにちは、makinaです。

ロエベのバッグ「ハンモック」の流行はいつまで続くのかという予測記事を書いたのが、2019年。

この時すでにかなり流行していて、バッグの形と名前が広く認知されるようになっていました。

ハンモックを購入しようかどうか迷っている人も多く、「ハンモックの流行はいつまで続くのか?」ということに関心が高まっていた時期だったのです。

その時予測したのは、ハンモックの流行は、短ければ2022年まで、長ければ2024年まで続きますということ。

だから、ハンモックの購入を決めるなら2022年までがおすすめですと言いました。

過去の形状の似たバッグの例から、デザイナーが交代になれば4年で生産終了、ただしハンモックをデザインしたデザイナーはロエベの取締役に就任したことから、2022年で生産終了ということは考えにくい、むしろデザイン違いやサイズ違いのバリエーションを増やして、精力的に流行を拡大しようとするだろうと考えたのです。

そして今、2022年にロエベからハンモックのデザイン違い「ハンモックナゲット」が発売されました。

従来の主張が強かったデザインから、明らかに実用性と大衆性に舵を切ったデザインへ。

価格もわずかですが抑えられていて、これから購入するならこちらのハンモックナゲットを選ぶ人も多いでしょう。

従来のハンモックの流行には2022年でひと区切りついた印象があるものの、従来のハンモックにも新色が登場しており、ブランド側が販売に力を入れている以上、急に「従来のハンモックは古い」というムードにはなりにくい。

むしろ、新型が発売されることによって「私はやっぱり従来のほうがいい」と気づく人も一定数います。

つまり、2022年に購入しても、まだ使えるということになります。

2019年の時点で「今から買っても大丈夫かな?」と思っていた人は多かったので、そこは十分間に合うタイミングだったということです。

まだまだ予測の途中ですが、2024年の終わり頃にはまた動きがあるかもしれません。

ロエベのハンモックの流行はいつまで続く?

2023年に流行が予想される服【有料記事】

今のファッショントレンドをギュッと要約!【有料記事】

2021年ファッショントレンド予測総括