ルイヴィトンのカプシーヌが頑丈ですごく助かる

こんにちは、makinaです。

ルイヴィトンのバッグの中で、唯一、ロゴの無い状態で持てるショルダーバッグ。

それが、カプシーヌです。

広告



ワンハンドルバッグとしても使えるので、出番が多いです。

その他にも、出番が増える理由があります。

それは、とにかく頑丈だからです。

多少こすれても、傷になりません。

物を詰め込んでも、見た目が変形しません。

扱いを気にしなくていいし、ロゴも無くせる。

すごく助かります。

「しまい込んでないんですか?」

ルイヴィトンの担当さんに、カプシーヌをヘビロテしていることを伝えると…。

こう聞かれました。

「大事にしまい込んでないんですか?」

広告



すいません。

大事にしてないわけじゃないです。

でも、しまい込んでないです。

使い勝手が良くて、しまい込む暇がありません。

壁にぶつけても擦り傷ゼロ

カプシーヌは、けっこう厚みがあるし、体に沿うデザインではありません。

ショルダーストラップが長いので、振り子の原理で、よけい体から離れたりします。

だから、よく通路の壁にぶつけたりしちゃうんですが…。

擦り傷は、ゼロです。

デリケートな商品のほうが魅力を感じる、という人は、好みじゃないかもしれません。

ロエベのアマソナは、革の表面の、ごく薄い膜みたいなところが、小さく削れたりします。

広告



革も柔らかくて、繊細です。

カプシーヌと比べてみて、よくわかりました。

気になる点

欲を言えば、ショルダーストラップを、もっと短くしたいところです。

でも、ルイヴィトンは、ストラップの穴の追加には、対応していません。

ストラップの長さにも、デザイナーのこだわりがあるからだそうです。

長身の人に使って欲しいんでしょうか…。

どうにか短くするために、カプシーヌのワンハンドルの付け根の金具にもストラップを通して、ぐるっと1周させたりしています。

PMよりBBが使いやすい

カプシーヌPMは、幅30センチ以上あります。

軽量化したとはいえ、かなり重いです。

広告



カプシーヌBBは、幅27センチ。

こちらのほうが、出番が多いです。

長財布は、縦に入れつつ、中で横にします。

こすれても、バッグのほうは、びくともしません。

財布のほうの、汚れがちょっと心配です。

本が入らないし、細かい買い物の時も入れられない…。

でも、多少無理矢理入れても、革が変形しないので、見た目はキレイなままです。

モノグラムも気になる

カプシーヌを使い始めて、もう半年くらいになりますが、持ってて良かったって思えるバッグです。

とにかく頑丈で、助かります。

最初は、ロゴが隠せるところが決め手でしたが…。

最近のロゴ人気で、モノグラムも気になっている、今日この頃です。



ルイヴィトンのバッグの使い勝手

ルイヴィトンでポイントが付くなんて!高島屋のデビットカード

ルイヴィトンとエルメスの靴のサイズ感

エルメスのショルダーバッグ、オプリの使い勝手

ロエベのアマソナの使い勝手

良い物は若いうちから持っておいたほうがいい?

バッグと靴の色を合わせなくなってきた