エルメスのクロコ革・ニロティカスとポロサスの違い

こんにちは、makinaです。

エルメスのバッグの、クロコダイル革。

中でも非常に似ているのが、ニロティカスとポロサスの2つです。

見た目には、全くと言っていいほど見分けがつかない、ニロティカスとポロサス。

その違いをいくつかご紹介します。

一番の違いは価格

ニロティカスは「ナイル川の」という意味で、アフリカのクロコダイル革を使用したものを指します

正面には「」のマークが施されています。

一方、ポロサスは、より小さいワニの革で、アフリカ原産ではない場合もあるのが特徴です。

正面には「Λ」のマークが施されています。

ニロティカスとポロサスの、一番の違いは、価格です。

より高額なのが、ポロサスです。

うろこ模様はニロティカスのほうが大きい

クロコ特有のうろこ模様は、ニロティカスのほうが大きめです。

特に、左右の端のほうに行くに従って、その違いがはっきりしてきます。

バーキンの背面などは、とてもわかりやすいです。

ポロサスは、バッグの左右の端のほうの模様が、かなり小さいです。

ニロティカスは、左右の端のほうに行っても、それほど模様が小さくならない。

これは、ワニ自体の体の大きさに関係しています。

ポロサスのほうがワニの体が小さいので、バッグにする時に、うろこが小さい部分まで使用することになるのです。

ニロティカスは、そこまでうろこが小さい部分を使わない。

だから、バッグの端のほうまでうろこ模様が均一で、大きめなのです。

迫力が出るのはポロサス

クロコのうろこ模様に迫力が出るのは、ポロサスです。

どうしてかというと、ポロサスのほうが、うろこの輪郭が目立つからです。

ぱっと見ただけでは見分けがつかないほどの細かい差ですが、うろこ模様がはっきりしていて迫力が出るのは、ポロサスのほう。

輪郭のコントラストが控えめなのは、ニロティカスのほうです。

水滴の白汚れが目立つのはニロティカス

水滴が付いた時の白汚れが目立つのは、ニロティカスです。

この水滴による白汚れというのは、「汚れの付着」ではなく、「革の変容」です。

そのため、拭いて取れるものではありません。

クロコの革の表面は、極薄で、繊細。

雨や湿気は、極力避けたいところです。

バーキン25・30・35を徹底比較!【有料記事のご紹介】