「バーキンは開けっ放しで正解なんだ」と確信した瞬間

こんにちは、makinaです。

バーキンを持つときは、必ずベルトを締めている私。

でも、開けたまま持つ人が大半であることも知っています。

ジェーン・バーキンご本人が、開けたまま使っていることも。

そして、先日、「やっぱりバーキンは開けっ放しで正解なんだ」と確信した出来事がありました。

どういうことかと言うと…。

エルメスの、バッグをメインで担当している店員さんが、「どうぞ、持ってみてください」と差し出してくれたバーキンも、開けっ放しのままだったのです。

広告



店員さんが持たせてくれたバーキンは開けっ放しの状態だった

買い物に行って、バッグを選ぶ時は、鏡の前で持たせてくれますよね。

たいていの場合、バッグの中の緩衝材を取り出したり、ファスナーを閉めたりして、状態を整えてから、渡してくれます。

ところが、バーキンの場合は、ごく自然に、フラップは中に折り込んだまま、ベルトも真ん中の金具には通さず、左右の金具にラフにかけるだけの状態で、渡されるのです。

「どうぞ、持ってみてください」。

持ってみると…。

きちんとしすぎず、こなれた雰囲気です。

そうか、バッグをメインに担当している店員さんが、フラップを開けた状態で渡すということは…。

きっと、持った時に素敵に見えるように、そうしてくれているはず。

バーキンは、開けっ放しで正解なんだ…。

そう確信したのでした。

心変わりしてしまいそう

もう、閉じた状態のバーキンを見るのは、エルメスの広告の中だけです。

店頭にも、並んでいないのですから。

おそらく、街で見かけるバーキンの状態も、真ん中に金具だけが見えて、ベルトはひらひら揺れている、というイメージで認知されているかもしれません。

もう、ベルトを締めるのはやめようかな…。

心変わりしてしまいそうなほど、どんどん開けっ放しが正解になっていくのでした。



どうする?バーキン開けっ放し問題

バーキンの実物を初めて見たー!

白バッグのふちがたいてい黒になっている理由

高級ブランド品の価格に上乗せされている驚きの費用

バーキンを持って電車に乗る?乗らない?

エルメスの店員さんを代えてほしいと思ったら