2020年もワイドパンツの流行が継続する単純な理由

こんにちは、makinaです。

大きな流行に育った、ワイドパンツ。

気になるのは、来年もはけるのか?ということ。

結論から言うと、来年もはけます。

理由は、いたって単純。

次の流行が、育っていないからです。

明日から何をはく?

「ワイドパンツは、もう古い。」

そう思ったとして、じゃあ明日から何をはきますか?

何かをはかなきゃいけませんよね。

スキニーではないですし、ショートパンツでもない。

サブリナパンツ?

ハーフパンツ?

それとも思い切って、サイクルパンツ?

次にはくものが定まって来なければ、流行は終わりようがありません。

次に着たい服が出てこない限り流行は終わらない

服を着るのは、体です。

逆を考えればわかります。

次に着たい服が出てくれば、体は1つしかありませんから、前の服は着られなくなります。

そういう時に、流行は終わるのです。

別に、前の服を嫌いになったわけではなくても、着なくなる。

それと同じで、前の服を古いと思っても、その体に次に着る服が定まらないうちは、まだ着なければならない。

まだ着るしかない。

そうなってしまうのが、自分だけではなく、大勢いる。

だから、次に着たい服が出てこない限り、流行は終わらないのです。

広告



2021年まではトレンドの賞味期限内

2020年は、まだ、ワイドパンツの次のボトムスは定まりません。

次の5年周期のピークは2023年ですから、その頃には、次のボトムスが全盛期を迎えているはず。

そして、体は1つしかないので、その頃にはワイドパンツをはかなくなっているでしょう。

でも、ワイドパンツは、とにかく便利。

着ていてラクなうえに、仕事でもOKです。

2021年までは、十分トレンドの賞味期限内であるはずです。

これからのワイドパンツはハリ感重視

ただ、微妙な違いは、出てくると思います。

これからのワイドパンツは、揺れ感よりも、どちらかと言うとハリ感のあるものが増えそうな予感です。

ハリ感がある方が、ジェンダーレスの流れにも合う。

そして、きちんと感も出せるからです。

冬は中に重ね着もできる。

夏は涼しい。

色柄や、スリット入りなども含めて、ワイドパンツは今から買い足してもいいくらいです。

ハリのある、短めのベルボトムも、レトロムードに乗って各ブランドから出ています。

以前、スキニーが大流行した後に、花柄のスキニーが一時的に流行したことがありました。

それと同じように、ワイドパンツの中でも、1つの柄やディテールのあるもの(例えばレースなど)が、大きな流行となる可能性もあります。

何かをはかなきゃいけない

「ワイドパンツって、もう古いの?」

「でも、じゃあ何をはいたらいいの?」

そう思うのは、あなただけではありません。

2020年も、ワイドパンツの流行は継続します。

理由は単純。

次の流行が育っていないから。

何かをはかなきゃいけないのですから、まだまだワイドパンツにお世話になりそうです。



「あんなに流行ったから着にくい」!?流行が終わるメカニズムとは

ワイドパンツの流行が続いている理由

ロングスカートの流行はいつまで続く?

ワイドパンツばっかり!と思ってしまう2つの理由