ワイドパンツばっかり!と思ってしまう2つの理由

こんにちは、makinaです。

ワイドパンツが出始めてから、もうすぐ4年目に入ろうとしています。

2020年で収束かと思いきや、2021年まで続行しそうな勢いです。

広告



それでも、こんなに大流行しているので、「ワイドパンツばっかり!」と思ってしまう人もいるかもしれません。

その理由は、2つ考えられます。

まず、「自分が、ワイドパンツを、もう持っているから」。

そして、「そもそも、トレンドに敏感だから」です。

もう持ってるから

「ワイドパンツばっかり」って思う時って、基本的には、アパレルショップの店内です。

お店に並んでいるパンツを見て、やっぱりゆるシルエットのパンツが多いので、そう思います。

素敵なんだけど、「もう持ってる」ので、「ワイドパンツばっかりだなぁ」と思ってしまうわけです。

実際、今年は、トレンドの5年周期の真ん中なので、買わなくていい時期です。

持っている物で、しのげるタイミングです。

広告



切迫していないので、「ワイドパンツばっかり」と思って、買わない、という流れになるのも、当然なんです。

お店の中ではそうですが、外を歩くと、上下ピタピタより、ワイドパンツのほうが、トレンド感があります。

街中では、まだまだワイドパンツが主流なんです。

トレンドに敏感だから

それから、トレンドと無縁の生活をしていたら、「ワイドパンツばっかり!」とは思いません。

やっぱり、流行を意識して、取り入れているからこそ、トレンドアイテムの動向に敏感になるんです。

今の時期に「ワイドパンツばっかり!」と思う人は、トレンドのイノベーター理論で言う、アーリーアダプターにあたる人かもしれません。

イノベーター理論の5段階は、以下のとおりです。

1.イノベーター(革新者)

2.アーリーアダプター(初期採用者)

3.アーリーマジョリティ(前期追随者)

4.レイトマジョリティ(後期追随者)

5.ラガード(遅滞者)

流行を、比較的早く取り入れる、アーリーアダプターの人たちは、オピニオンリーダーやインフルエンサーに近い感覚だそうです。

広告



「ワイドパンツばっかり」と思うのは、次の流行に意識が行っているからかもしれません。

トレンドに敏感な証拠です。

ワイドパンツ以外ならスーツショップのレディースコーナーへ

もし、ワイドパンツ以外の服が欲しかったら、意外と重宝するのが、スーツショップのレディースコーナーです。

ジャストサイズで、程よく流行を押さえた服が、揃っています。

個人的には、はるやまの姉妹店「P.S.FA」と、タカキューが、満足度が高いです。

見た目の良さと、コスパです。

手持ちの服と、違和感なく合わせられます。

ファストファッションとも、ブランド服とも、合うんです。

頼もしい存在

とはいえ、今、手元にあるワイドパンツは、しばらくは「つい手が伸びる」頼もしい存在です。

もう持ってるので、買い足さないのもアリです。

これから買い足すなら、キレイ色か、柄物がおすすめです。

2021年までは、十分履けると見ています。



ワイドパンツはいつまで流行る?

トレンチスカートが流行る理由

今年は買わなくていいアイテムが多い

ロングスカートの流行はいつまで続く?

ひざ丈スカートが見つからない時はここが狙い目!

来年は買い控えるべきあのトレンドアイテム

マノロブラニク氏「ポインテッドトゥには飽きた」!?

また流行りだしたあの髪型