ボッテガ・ヴェネタのミニバッグ「ザ・ポーチ」にはどんな財布なら入るの?

こんにちは、makinaです。

ボッテガ・ヴェネタのミニショルダーバッグ、「ミニ ザ・ポーチ」。

バッグ本体が小さいうえに、がま口の可動域の関係で、容量も少ない。

財布は、折りたたみでも大きいものは入りません。

では、どのくらいの財布なら入るのか?

検証してみました。

広告



現実的なのは最大10.5センチ×14センチまで

前提として、バッグ本体の縦と横のサイズが、13センチ×22センチです。

でももちろん、ここまでの大きさの財布が入るわけではありません。

まず、9.5センチ×10.5センチの超ミニ財布を入れると、こうです。

 

 

これは、すっぽり入ります。

 

次に、9.5センチ×12センチの財布を入れると、こうです。

 

がま口を大きく広げて、レザーのたるみに当たりながらですが、わりとすんなり入ります。

広告



最後は、10.5センチ×14センチという、大きめの2つ折り財布。

少し横長のタイプです。

これを入れる途中は、こんな感じ。

 

入れる所がもうギリギリです。

財布を斜めにして、レザーを押し込みながら、完全に入れると、こうです。

 

何とか、入りました。

バッグを閉めた時の形の限界からいくと、財布の縦は最大10.5センチまで。

そもそも入れ口を通るかどうかという点からは、財布の横の長さが関係してくるので、横が最大14センチまで。

という結果になりました。

もっと大きい折りたたみ財布もあるので要注意

一般的には、もっと大きい折りたたみ財布も売られています。

それだと、このボッテガ・ヴェネタのミニショルダーバッグには入りません。

長財布は、入りません。

広告



スマホは押し込む

スマホは、長財布より細いので、入ります。

細長い形状からして、このバッグの底の形と相性がいいです。

ただし、スマホを斜めにして、レザーのたるみを押し込みながら入れる感じになります。

とはいえ、大判の折りたたみ財布よりは、入りやすいです。

荷物を入れ過ぎるとマグネットが開いてしまう

このバッグに入れられるのは、スマホと、10.5センチ×14センチまでの折りたたみ財布、リップ、鍵。

それくらいのものです。

それ以上入れると、一瞬入ったかなと思っても、がま口のマグネットが自然に開いてきてしまいます。

バッグとして機能するには、このあたりが限界です。

ボッテガ・ヴェネタの「ミニ ザ・ポーチ」を使うなら、ぜひ財布も厳選してみてくださいね。

広告



ボッテガ・ヴェネタのミニバッグ「ザ・ポーチ」の使い勝手

ボッテガ・ヴェネタのミニバッグ「ザ・ポーチ」の太って見えない持ち方

ベアンコンパクトの使い勝手は?お札入れはどうなっている?