エルメスのプレタポルテを選ぶ時に心がけていること

こんにちは、makinaです。

エルメスの洋服、プレタポルテ。

シーズン毎に、厳選された素材とデザインで、展開されています。

広告



そのためか、他のブランドに比べて、種類が豊富とまでは言えません。

わかりやすいトレンドの服も、無いことはないのですが、少ない…。

だから、選ぶのが、難しいんです。

店舗に行ってみると、「正直、思ってたような物がないなぁ」ということも。

そんな、エルメスのプレタポルテを、選びやすくするために、心がけていることがあります。

それは…。

「事前にイメージを決めて行かない」ということです。

ある中から選ぶ

エルメスのプレタを見に行く時。

手持ちのこのアイテムに合わせる物を探そう、と思って行って選ぶと、見当たらない、買えない、ということが、けっこうありました。

広告



事前に、あまり細かいイメージを固めて行ってしまうと、なおさらです。

「薄手のワンピース」とか、「黒の長めのニット」とかくらいでも、無いこともあります。

雑誌で見たアイテムと同じもの、とか、コレクションに出てたアレ、とかも、無いことが多いです。

だから、エルメスのプレタは、ある中から選ぶ感覚で行った方が、選びやすいです。

サイズ切れの場合、選ぶ物がなくなる

正直、「これは着ないな」っていう物が大半。

なので、「これは着れそうかな」っていうラインを広めにとって、選びます。

じゃないと、サイズが無い場合に、残る物がなくなってしまいます。

まず、プレタを選んで、それを、手持ちの服に合わせる。

それか、合わせる服を、後から買う。

おのずと、エルメスプレタがメインになります。

広告



一番長く着れるのは濃い色のニット

白シャツや、白ブラウスは、ヘビロテすると、ワンシーズンで変色して着れなくなります。

少し長く着れるのが、パンツや、スカート。

それでも、くたびれ感は出てきます。

一番長く着れるのは、何と言っても、濃い色のニットです。

紺のカーディガンや、黒のタートルは、何年も着れます。

伸びたり、縮んだり、しないんです。

汚れも目立たないし。

毛玉も、「出来ようにも出来にくい」ような印象を受けます。

そういう素材なんでしょうか。

これから、冬に向けて、活躍する機会が増えると思います。



エルメス公式サイトのオンラインブティック体験記

ルイヴィトンとエルメスの靴のサイズ感

何となくとってある黒タートルの今年の着こなし

ワントーンコーデの限界

アマソナのコーディネートの2つのコツ

ひざ丈スカートが見つからない時はここが狙い目!

買う気満々だったアイテムを買わなくて済んだ理由