メイクを濃くする方法!そもそもどこをどうしたらいいの?

こんにちは、makinaです。

気分が落ち込んだ時。

人から軽く見られたくない時。

メイクを「濃く」したくなる時って、あるんですよね。

「メイクを濃くしたいなんて、変かな…?」

全然、変じゃありません!

広告



メイクを濃くするコツは、4つあります。

1.ファンデーションを肌の凹凸にまで届かせること

2.影と明るさをつけること

3.下まぶたメイクをすること

4.囲み目を横まで広げること

どれか1つだけでも、効果は絶大です。

1.ファンデーションを肌の凹凸にまで届かせる

薄いメイクだと、ファンデーションは肌の表面にしか付いていません。

しっかり塗ったつもりでも、凹凸にまで届いていないのです。

メイクを濃くするには、肌の凹凸にまでファンデーションを行き届かせる必要があります。

筆のようなファンデーションブラシではなく、毛が密集してポンポンのように球形になっているブラシを使います。

そのブラシで、軽ーく軽ーく、トントントントン…と、顔をたたくのです。

塗るのではなく、たたく。

すると、きれいに肌の凹凸にまでファンデーションが行き届きます。

ブラシはこちら

仕上がりを見てみると、メイクがしっかり濃くなっているのです。

広告



2.影と明るさをつける

陰影をつけると、メイクを濃くすることができます。

シェーディングと、ハイライトです。

鼻の両脇と、あごのラインには、茶色でシェーディングを。

頬の高い所と、鼻のてっぺんのラインには、白のハイライトを入れます。

「『メイクを濃くする』って、赤の口紅を塗ることとは違う気がする…。

でも、じゃあ何がどうなってるの?」

と思った時。

濃いメイクには、陰影があります。

影と、明るさがある。

とっつきにくいですが、そういうものなら仕方ないですよね。

ここ1~2年で、シェーディングアイテムは急増しています。

影と明るさをつけるパウダーはこちら

広告



3.下まぶたメイクをする

まぶたにメイクを施すと、濃くすることができます。

上まぶただけだと、メイクを濃くしようと思っても、限界があるのです。

限度を超えると、違和感になります。

ここは、下まぶたにも協力してもらいましょう。

目の下に、黒のパウダーでラインを入れます。

その下に、オレンジかピンクのパウダーを塗ります。

さらにその下に、涙袋メイクです。

白かゴールドのパールで明るくします。

最後の涙袋メイクは、目とかなり離れてしまっても大丈夫です。

逆にそのほうが、加齢による顔のパーツの間延びを修正してくれます。

4.囲み目を横まで広げる

もっとメイクを濃くしたいなら、アイメイクの広さを広げてください。

アイホールと言わず、もっと横までアイシャドウを塗ります。

上も、下も、横も。

お絵描きのように、囲み目の範囲を広くすると、効果抜群です。

円ではなく、アーモンド形やラグビーボール形をイメージして、絵を描くように塗ります。

「濃いメイクと言えば、アイラインかな?」と思って、アイラインを太くするだけでは、違和感になりがち。

ポイントは、アイシャドウの囲み目の範囲を横まで広げるところにあるのです。

広告



顔を触らない

メイクを濃くすると、服に付いたり、汚れやすくなったりします。

顔を触らないように、注意が必要です。

クレンジングの時も、メイクが落ち切らなくても、強くこすらないこと。

多少残っていても、困りません。

大事な役割を担っている

メイクを濃くしてみると、写真写りも変わります。

離れた席からも、見つけてもらいやすくなります。

極端な話、「あ、あのメイクの濃い人」と覚えてもらえるのならその方がいいという局面だって、人生にはあるのです。

メイクを濃くするって、考えたこともなかったし…。

何がどうなっているの?と、わからないことだらけです。

口紅やアイラインよりも、大事な役割を担っているのが、肌の凹凸のファンデーション、影と明るさ、下まぶたメイク、囲み目の横の広さです。

改めてメイク動画や雑誌を見てみると、「そういうことだったのか!」と思えるはずですよ。

ファンデーションブラシはこちら

シェーディング/ハイライトパウダーはこちら

広告