ロエベのゲートバッグの使い勝手

こんにちは、makinaです。

リボンが巻かれたようなデザインが特徴の、ゲートバッグ。

今人気の、ショルダーバッグです。

使い勝手としては、とにかく頑丈。

そして、底がカーブしているので、見た目よりも容量は少なめです。

広告



ストラップを短くできるショルダーバッグ

ゲートバッグは、ショルダー使いのみ。

手持ちはできません。

(手持ちができるゲートバッグは「ゲートトップハンドル」という別のバッグです。)

ロエベのバッグにしては珍しく、ストラップを短くできます。

ストラップを短くして斜め掛けをし、前に持ってくるスタイルが人気です。

特に、イタリア・ミラノでのスナップ特集を見ると、防犯上、ゲートバッグを前で持っている人がほとんど。

日本でも、ボディバッグのような感覚で、短めに斜め掛けしている人をよく見かけます。

アクセサリーのようなデザイン性

発売当初から、あまり抵抗なくすんなり受け入れられた感のあるゲートバッグ。

その理由は、わかりやすいからでしょう。

両手が空いて、フラップで開け閉めできて、かわいいリボンのようなレザーがついている。

アクティブな場面でも使えるうえに、アクセサリー代わりになりそうなかわいらしさもあるのです。

満を持して、極小サイズの「ゲートバッグミニ」も発売されたくらいです。

これはもう、本当にアクセサリー感覚です。

広告



機能性が高い

ゲートバッグは、構造もわかりやすいです。

フラップを開けると、中には2つのスペースが。

マチもあるのに、適度に仕切ることが可能というわけです。

外の裏側には、フラットなポケットが1つ。

わざわざフラップを開けなくても、外側にポケットがあるというのは便利です。

しかも、ショルダー使いだけですから、持ち方に迷うこともありません。

これだけわかりやすければ、初期の段階から受け入れられたのもうなずけます。

とにかく頑丈

ゲートバッグは、見た目と裏腹に、レザーが硬質です。

まるで鋳型で作られたように、革がガッチリ頑丈なのです。

そのため、重さはけっこうあります。

「スモール」でも、空の状態で約600グラム。

どうして金具がほとんどないのに、持ち手の分の重さもないのに、こんなに重いのか。

それは、本体の革の厚みがあるからです。

そして、ストラップも太めで厚く、しっかりしているから。

アマソナは、レザーがしなやかすぎて中身の型がついてしまうこともありますが、ゲートバッグは全くそういうことはありません。

容量は少ない

ゲートバッグは、見た目よりも少しだけ、容量が少なめです。

どうしてかというと、底がカーブしているからです。

四角い物は、下まで入りません。

角が当たるところまでしか入らず、そこで止まってしまいます。

見た目もそこまで「たくさん入りそう!」というバッグでもないので、見た目とのギャップで言うと「少しだけ少なめ」という感じです。

ゲートバッグスモールなら、長財布はおすすめしません。

店員さんも、「2つ折り財布がおすすめ」とおっしゃっていました。

検討するお客さんは多い

「何かロエベのバッグが欲しい」というお客さんが、ゲートバッグを検討する確率は高いようです。

やはり、わかりやすくて、アクセサリーのようなかわいらしさもあるからでしょう。

この先のトレンドからいっても、ストラップを短くできるショルダーバッグは使えそうです。

ボディバッグ使いで、アウターの中に仕込むという持ち方もできます。

ゲートバッグの人気の行方に注目です。



アマソナを買うなら黒?それとも茶系?

ピンクとピンクの色合わせに要注意!

ミニバッグにたくさん荷物を入れるコツ

ミニ財布はお金を入れるとスナップボタンが外れてしまう

ロエベならタカシマヤデビットカードで即日10%還元!

ロエベのバッグが好きな理由

ロエベのバッグの人気色って何色?