人生初のトレンチコート

こんにちは、makinaです。

今シーズン、人生初のトレンチコートを購入しました。

完全にベーシックなタイプのものです。

このタイミングになった理由は、いくつかあります。

まず、ゆるシルエットの賞味期限が2020年までだと考えていること。

それから、ベルト使いがトレンドに上がってきたこと。

それに、トレンチスカートが今年はあまり出ておらず、トレンチコートとトレンチスカートでかぶる心配がないこと。

個人的に先月出産が終わったので、反動でタイトめの服が来たいタイミングと重なったことです。

広告



トレンチコートを買ったことがなかった

「いつかは手に入れたい」と思いながらも。

今じゃなくていいかな。

と、買わずにきていた私。

トレンドものなら、旬の時期に手に入れればいいわけですが…。

定番モノは、手に入れるタイミングが一番難しいのです。

ところが、今年は、そのタイミングがちょうどやってきました。

今年は最適なタイミング

2018年には、トレンチスカートが流行りました。

2019年には、変形トレンチが流行りました。

今年も、変形トレンチの流行は続いています。

袖が太いものや、肩が落ちたものなどです。

とはいえ、基本的には、ゆるシルエットのトレンドは、2016年~2020年の5年周期に属するもの。

今トレンチコートを買うなら、変形トレンチよりもベーシックなもののほうが長く使えます。

そして、次の2021年~2025年の周期のトレンドには、ベルトが復活する予感。

アウターにもそれは言えることで、トレンチコートなら「ベルト使い」という点でも使えます。

まだベルトを「わざわざプラスする」というスタイルは気恥ずかしいので、自然にベルトスタイルが叶うトレンチは、手始めに最適です。

消費者の価値観からいっても、「長く使える上質なものに投資する」機運が高まっています。

今年は、ベーシックなトレンチコートを有効活用できる要素が整っているのです。

広告



出産後にはタイトなものが着たくなる

それに加えて、個人的な理由もあります。

トレンチスカートを私は持っていないので、トレンチコートとトレンチスカートで「トレンチ同士」になってしまう心配がないのです。

また、妊娠中にゆったりした服を着ざるをえなかった反動から、出産後の今はタイトな服を着たいという理由もあります。

定番アイテムの出番

今は、「定番だから」という理由だけでは、定番アイテムは売れません。

消費動向も含めたトレンド要素と、個人的な都合の良さがあって初めて、定番品の出番となります。

私にとってのトレンチコートのタイミングは、今年になったのです。

広告