ロエベのバッグ「ハンモック」が使いにくい理由

こんにちは、makinaです。

ロエベならではのバッグの中でも、一番ハードルが高いバッグ。

それが、ハンモックではないでしょうか。

店頭で目にしたとき、「使いにくそう」という理由で購入を見送る人が多いそうです。

実際に使ってみると、使いにくい理由が分かってきました。

どうして、ハンモックは使いにくいという印象を与えるのか。

それは、何通りもの使い方をしようとするからです。

1通りの使い方に決めてしまえば、驚くほどその使いにくさを解消できます。

広告



何通りもの使い方をしようとすると使いにくい

ハンモックの、基本形は、しずく型。

上がすぼまった形です。

両サイドのレザーを引き出すと、半月型になります。

斜め掛けをすると、横長の長方形になるのですが、まるでトートバッグのように、ふたがない状態になります。

ふたがないのに、トートではなく斜め掛けとなると、中身が落ちてしまいそう。

半月型だとかさばるし、しずく型だと手持ちしかできない…。

何通りもの使い方をしようとすると、気持ちが追い付かないのです。

結果、使い勝手がどうも…という印象を受けてしまいます。

基本形の使い勝手はかなり良い

そこで、使い方を、1つに決めてしまうのです。

ハンモックの基本形は、しずく型です。

フラスコ型というか、円錐型というか。

公式サイトのメイン画像も、この形です。

これが、いま流行りのバケツバッグや、かごバッグの代わりになれる、こなれた形なのです。

遊び心もありつつ、かごバッグほどカジュアルにならない。

バケツバッグを投入するのも良いですが、ハンモックの方が、息は長そうです。

この、基本形なら、使い勝手は、かなり良いのです。

内側に倒れたレザーが、ふたの代わりになり、中身も落ちません。

にもかかわらず、手を入れるだけで出し入れできるのです。

内ポケットは、2か所。

外側に、ファスナーポケットが1か所あります。

底の鋲は、なしです。

広告



持ち手2本にストラップを通してしまう

この基本形を維持したまま、ストラップで斜め掛けできたら、もっと使いやすいはず。

初期設定だと、持ち手の片方ずつにストラップがついているので、斜め掛けをすると、このしずく型を維持できません。

そこで、持ち手2本に、ストラップを通してしまいます。

すると、斜め掛けしても、持ち手同士が離れないので、しずく型を維持できるのです。

本当は、バッグ本体の側面にストラップを取り付けられれば、それが理想的。

でも、金具がないので、それはできません。

とはいえ、円柱型や、バケツ型と言われるバッグと同じように、新鮮なコーディネートになります。

新作のドローストリングタイプも

ハンモックには、サイドのひもを締められるドローストリングタイプが新登場しました。

これなら、問題点が改善されそう。

でも、サイズが、ミニかミディアムしかありません。

ミニだと小さいし、ミディアムはかなり大きい…。

その中間のサイズとなると、ドローストリングではない、従来のハンモックということになるのです。

かごバッグの代用として普段使いしやすい

確かに、ハンモックは、使いにくい。

でもそれは、何通りもの使い方を想定するからでした。

基本のしずく型なら、中身が落ちないし、出し入れもラク。

アマソナほどきれいめでもなく、普段使いに最適です。

季節感は、かごバッグに敵いませんが、代用としては、十分雰囲気を出してくれます。

つい、連れて歩きたくなるバッグです。

ハンモックのバリエーション 一覧



ロエベのバッグ「ハンモック」のおすすめコーディネート

ロエベならタカシマヤデビットカードで即日10%還元!

ハイブランドで試着だけして帰る時のフレーズ

ロエベのパズルバッグの使い勝手

アマソナのコーディネートの2つのコツ

エルメスの店員さんが最初に声をかけてくれた理由

婚活にブランドバッグは絶対にダメ!?