ロエベのパズルバッグの使い勝手

こんにちは、makinaです。

ロエベの今のデザイナーは、1984年生まれ。

年下!

ジョナサン・アンダーソンが、ロエベで最初にデザインしたのが、パズルバッグです。

レザーのパーツが組み合わさっていて、平らに折りたたむことまでできる。

広告



2015年に発売された、このバッグ。

正直に言うと、あまりに斬新なデザインに、遠巻きに見ることしかできませんでした。

でも、街で見かけることが、とても増えました。

今、街で一番見かけるロエベのバッグは、アマソナでもなく、ハンモックでもない。

パズルバッグなのです。

使い勝手で言うと、比較的軽く、ショルダー使いができて便利。

ただ、開け口が狭く、出し入れがしにくいです。

特徴的な見た目に自分で慣れるまで、しばらく時間がかかりそうです。

発売されてから4年間も様子見してしまった

日本の折り紙をヒントにデザインされた、パズルバッグ。

エレガントというより、女性の強さを表現しているように思います。

広告



だからでしょうか。

登場してから、気持ちが向くまで、4年もかかってしまいました。

でも、街ではよく見かけます。

ロエベのバッグの中では、広く支持されているほうです。

モノグラムでもない。

柄物ほど派手でもない。

でも、地味すぎることもない。

レザーのパーツを組み合わせたデザインが、程よい「柄」に見えてきます。

ファスナーに手の甲が擦れて痛い

横長の長方形。

マチつき。

形自体は、ベーシックです。

広告



サイズ展開は、ミニ、スモール、ミディアム、ラージの4つ。

マルチカラーだと、価格が上がります。

横幅が、ミニは18センチ、スモールが24センチ、ミディアムが29センチです。

ショルダーストラップは、ミニ以外は、調節可能。

サイズが小さいほど、ストラップが長い。

サイズが大きいほど、ストラップが短い作りです。

マチはあるのですが、ファスナーがマチまで渡っていません。

出し入れする時に、ファスナーに、手の甲がどうしても擦れます。

冬の乾燥している手だと、擦れるたびに、ピリピリ痛む可能性があります。

ファスナー部分は、両手で、思いっきり開く。

せっかく、革も柔らかいことですし、そのほうがストレスがないかもしれません。



こんな人にはおすすめできない

最近のロエベは、デザインが強いです。

「主張したい」、「このバッグで自己表現したい」という人には、打ってつけです。

でも、それほど強い気持ちがない人は、デザインに慣れるのに時間がかかりそうです。

ゲートバッグのほうが、包容力があります。

ゲートバッグはこちら

それから、底面に鋲はありません。

床にサッと置きたい人には、あまりおすすめできません。

裏面のデザイン性も高い

良いところも、たくさんあります。

比較的軽いですし、ショルダーストラップを短くすれば、ボディバッグ使いもできます。

意外ですが、裏面も、正面に負けず劣らずのデザイン性を備えています。

広告



だから、裏側を見せて肩掛けするのもアリです。

スモール以上なら、長財布も入ります。

マルチトーンなら、これから色柄モノが流行した時に、「持ってて良かった!」と痛感しそうです。

良いと思うまでに数年かかる

ロエベのバッグについては、まだまだ、「この形って、どうなんだろう?」と、敬遠している人も多そうです。

きっと、良いと思うまでに、数年かかるのは普通です。

急いで買わなくても、もっと後でもいい。

そんな、珍しい種類のバッグかもしれません。

でも、ふと立ち止まって考えた時、「あ、ロエベのあのバッグもあったなぁ」と、思い出す。

その時、きっと記憶に残っているバッグです。

パズルバッグ 一覧

ロエベのバッグ 一覧



ロエベの店員さんに聞いた!アマソナのコーディネート

高島屋のプラチナデビットカード体験記

ロエベを初めて知るきっかけとなった出来事

ロエベのアマソナの使い勝手

ショルダーストラップの短いブランドバッグ

バッグのおばさん持ちを一発解消!簡単すぎるコツとは