佐久間大介を見習いたいポイントと一番の魅力とは

こんにちは、makinaです。

Snow Manのメンバー、佐久間大介くん。

底抜けの明るさと、珠玉のアクロバットで、グループを牽引する立役者。

そして、アニメ愛を貫く生き様で、今、多くの人から注目を集めています。

数え上げればキリがない、彼の魅力。

その中でも、思わず「見習いたい」と思うポイントが、これです。

・自分の力でポジティブになった。

・知らないことを「何それ?」と言える。

・表現することを楽しんでいる。

・腹筋をメンテナンスしている。

・横顔や伏し目が美しい。

大人の女性の立場からも、見習いたいポイントが、たくさんあるのです。

自分の力でポジティブになった

幼少期は、引っ込み思案で、人見知りだったという佐久間くん。

メンバーとも、「腹を割って話すことができなかった」と語っています。

そんな彼は、「自分の力でポジティブになった人」だというのです。

一体、どうやって…?

きっかけとして窺えるのは、わずかに「これじゃダメだと思った」「だんだんと鍛えられていった」という言葉だけ。

それでも、環境に適応しながら、同時に「変われる自分」でいることができていたということ。

なかなか、できることではありません。

佐久間くんを見ていると、「人って、こんなに変われるんだ」と、勇気をもらえます。

誰もが、何となく「今までと違う」と思い始めている、今の時代に、見習いたくなるポイントです。

知らないことを「何それ?」と言える

佐久間くんは、わからないことや知らないことを、「知らない」とか、「俺わかんない」とか、「何それ?」とか、よく言います。

それって、すごいことです。

「何それ?」と言うことで、開かれた、建設的な展開になるのです。

ただ「率直なだけ」では、こうはいきません。

「後輩の活躍が悔しかった」、「大好きだったSnowManが嫌いになったこともある」など、ここぞという時に口にすることで、意義のある流れに展開できるのです。

広告



もちろん、「好きなことは好きと言う」というところも、支持される要素です。

「1日最低3時間はアニメ、朝起きたらすぐアニメ、夜寝る前も必ずアニメ」と、好きなものを語る彼は、本当に幸せそう。

「言わないでおく」という選択をしないのも、1つの勇気です。

そういう部分も見習って、「わからないことは素直に言えているかな」と、自問したくなります。

表現することを楽しんでいる

ダンス、芝居、歌…。

「表現者としての佐久間大介」に度肝を抜かれた人も、多いはずです。

曲の世界観に入り込む、ダンスと歌。

ジャニーズ入所のきっかけも、ダンススクールの先生の奥様が、お母様に応募を勧めたといいますから、やはりダンスが起点になっていると言えそうです。

指先はもちろん、ジャケットや、フード、キャップなども体の一部にしてしまうほど、神経が行き届いている。

バレエ経験が、存分に活かされています。

演技にも定評があり、セリフは「文字で読むのと、声に出すのとでは、気持ちが変わる」と、斎藤孝教授みたいなことを言うのです。

こんな、天性のセンスの持ち主には、見習いたくても見習えるところなんてないと思うかもしれません。

でも、まずは、「そういう人がいるんだ」と思うところからです。

表現するのって、楽しそうだな。

何か、自分にもできることがあるのかな。

センスを磨く、きっかけにもなります。

腹筋をメンテナンスしている

グループ随一のアクロバットを繰り出す彼。

天井まで跳ぶ「ビッグスワン」を決めるには、体の軽さも必要でしょう。

腹筋も、鍛え抜かれているのです。

パフォーマンス中のジャンプ1つとっても、お腹が見えるほど服を浮き上がらせることで、ダイナミックさを表現しています。

腹筋を見せながら、伏し目で舌を出した瞬間…。

見ている誰もが、息をのむのです。

彼本人から、トレーニングの話が出てくることはほとんどありませんが、腹筋をメンテナンスしているのは明らか。

見ているこっちまで、否が応にも意識せざるをえません。

彼を見習って、お腹の引き締めも頑張らなきゃ。

普段の生活の中でも、たとえば思いがけず待たされてイライラしそうな時には、とりあえずお腹を引っ込めて、インナーマッスルを意識です。

横顔や伏し目が美しい

佐久間くんの、ふとした瞬間の横顔や、伏し目がちな表情。

カメラに視線を向けていない時でも、造形の美しさが際立ちます。

女性でも、メイクの時や、写真を撮られる時には、正面の顔ばかり気にしがちですが…。

「たたずまいの美しさ」という観点からいくと、横顔や、何気ない伏し目の状態も、見られているわけです。

後ろ姿や、姿勢の良さも同じ。

「造形」は難しいとしても、たたずまいが醸し出す雰囲気というのは、自分で意識して調整できる部分でもあります。

彼を見ていると、そんなところにも意識が行くようになります。

一番の魅力は「アートの対象としての存在感」

私も、彼を見習おう。

そう思う頃には、1つの問題が浮上してきます。

それは、「佐久間大介くんの一番の魅力は何?」ということです。

結論から言うと、彼の一番の魅力は、「アートの対象としての存在感」です。

「生きる芸術」とも言われる彼。

「笑顔がいい」とか、「元気をくれる」とか、「ファンの気持ちがわかる」とか…。

そういう魅力も、もちろんなのですが…。

一番の魅力は、美や芸術を彼に見出す時に、感じることができます。

被写体、対象物としての、彼自身。

彼を見て、「この動き、好きだな」とか、「ここ、きれいだな」とか、そういう発見をすることが、一種のアート体験なのです。

美術館に行った人がやっていることと、全く同じです。

バラエティではあんなに面白くて、アニメオタクで、でもダンスをさせるとこんなにすごいの!?

それも、もちろん魅力です。

でも、一番の魅力は、「アートの対象としての存在感」。

ここに行き着くのです。

「アート」と同義

佐久間大介くんの、一番の魅力は何ですか?

そう言われて、即答することは、至難の業です。

もちろん、彼にも、完璧ではない部分がある。

でも。

あれもこれも、とにかくすごいんです!

それをわかってもらうには、「とにかく、彼を見てください!」と言いたくなる。

それってつまり、「彼を見た時に、感情を揺さぶられるはずです」という意味です。

それは、「アート」と同義です。

まさか、こんな方法で、感性を磨くことができるなんて。

感性や、センスや、美しさ、芸術というのは、ライフステージの中では中盤から後半の関心事かもしれません。

だから、50代や60代の人たちが、佐久間くんに魅了されても、少しも不思議はありません。

あなたもきっと、「アートの対象としての存在感」が抜群の佐久間大介くんから、目が離せなくなる時が来る。

それは、必然の流れなのです。



センスってどうやって磨いたらいいの?

最近急にいじられている人を見るのがつらくなった理由

子どもを美術館と図書館に連れて行ったらこうなった

向井康二はなぜ人気があるのか?

産後ダイエットは時間ないから「姿勢」一択