「この服に合うバッグがない」と思ったらバッグを買い足さずにその服ごと手放す

こんにちは、makinaです。

日々、忙しく過ごしていると…。

コーディネートも間に合わせになり、イマイチ決まらなくなってきます。

ある時、ふと、こう思うのです。

「この服に合うバッグがないなぁ」。

そんな時は、バッグを買い足すのではなく、その服の方を手放せないかどうか、考えてみてください。

それほど必要な服ではなかったことに気づくはずです。

広告



買い足しが増え過ぎる

このスカートに合うトップスがない…。

このパンツに合う靴がない…。

そう思うことは、けっこうあります。

とりあえず、持っているものを全部合わせてみるものの…。

外出できそうな組み合わせにはならない。

そんな時。

新しい服を探しに行っても、見つけられないということまであります。

こうなると、もうお手上げ。

服や、靴、バッグ。

これに合うものがないと思ったら、買い足すのではなく、そのアイテムを手放す。

そうすれば、コーディネートの悩みから解放されます。

広告



思い入れが強い場合は例外

例外があるとしたら、その手持ちのアイテムに思い入れが強い場合。

気に入っていて、大事で、まだ着たい。

手放したくない!

そう思った時だけ、それに合うアイテムを買い足しても大丈夫です。

そこまで思い入れがないのに、必要だと思い込んで、ムリに買い足しをしても、アイテムが増えるだけ。

その後に飽きてしまったら、買い足したアイテムも行き場がなくなります。

そこまで必要じゃない

これに合うものがない…。

そう思ったら、手持ちの方を手放せないか、考えてみてください。

手持ちのものを絞り込めば、コーディネートの方向性も定まってきます。

思い込みで買い足していくと、後が大変。

そこまで必要ではなかったことに、気がつけるかもしれません。



買う気満々だったアイテムを買わなくて済んだ理由

靴を買ったのに合わなくなったら足の形を変えてしまえばいい

「秋も着られそう!」と思っても実は着られない春アイテムの特徴

「使いやすさ」が知りたいならそれを持っていない人に聞け!?

無いと生きていないモノほど簡単にやめられる

「あんなに流行ったから着にくい」!?流行が終わるメカニズムとは

レジに並ぶ前に1点やめる!二重のロスを防げる節約術