妊娠糖尿病の再検査の前に何を食べたらいいかわからない!?

こんにちは、makinaです。

妊娠中期の血液検査で言い渡される、妊娠糖尿病の再検査。

今、思い返しても、本当に大変でした。

再検査を控えて、一体何を食べたらいいのかわからなくなるのです。

でも、何も食べないわけにもいかない。

でも、再検査で血糖値が高かったら、妊娠糖尿病が確定してしまうのです。

私自身が、再検査で無事に陰性の判定を受けた食生活を、ご紹介します。

広告



3日前と2日前の食事

再検査の日まで、猶予は4日しかありませんでした。

3日前と2日前は、淡路島に旅行に行っていて、名産品の「生たまねぎ」を昼、夜、朝と3食、食べました。

たまねぎは、血糖値を下げる作用があります。

3日前の朝は、家でトマトと豆腐と食パンにジャム。

昼は、淡路島名物のたまねぎバーガー。

つまり、ファストフードですね。

ビーフとたまねぎを挟んだハンバーガーと、オニオンフライを全部食べました。

油分はけっこう摂ったことになります。

広告



夜は、宿で和食。

全部食べると血糖値が上がってしまうので、残させてもらいました。

前菜、煮物、汁物、焼き物(肉)、ご飯物。

ここでも、たまねぎがたっぷり出てきました。

デザートは食べませんでした。

次の日(再検査2日前)の朝食は、宿の和食。

みそ汁、鮭、青菜の煮物、小鍋には豆腐とお肉。

そして、ここでもたまねぎです。

朝食も、全部は食べず、残しました。

どれとどれを残すということではなく、全体的にまんべんなく残す感じです。

淡路島を後にして、昼ごはんは、確かサービスエリアのカツ丼だったと思います。

ここでも、お肉と油分をしっかり摂っています。

ごはんを残しました。

広告



2日前の夕食は、覚えていません。

ここはお役に立てなくてごめんなさい。

精神状態も、けっこう来てました…。

前日の食事

再検査前日は、朝食を食べませんでした。

昼食は、イタリアンの白身魚のプレート。

付け合わせに、少量の蒸し野菜とリゾットが載っていました。

デザートは、ジェラートです。

単品なので、しっかり量がありましたが、全部食べました。

夕食は、レタスサラダ、ささみフライ、たまご焼き。

それに、納豆ごはんとみそ汁。

全体的に、少なめを意識しました。

夕食以降は、絶食です。

広告



結果は陰性

そして臨んだ、75グラムブドウ糖負荷試験。

結果は、陰性でした。

無事に、クリアできたのです。

妊娠糖尿病が、確定せずに済みました。

いつまた受けることになるかわからない

これからの長い人生、私自身もいつまた75グラムブドウ糖負荷試験を受けることになるか、わかりません。

妊娠糖尿病に限らず、糖尿病は身近な病気でもあります。

私自身が、また糖尿病の精密検査を受けることになったとしたら…。

やはり、このやり方を選ぶと思います。

2日前までは、食事の全体量を減らします。

炭水化物は、それまで摂り過ぎていたわけではないなら、少し減らすだけでいいと思います。

2日前の夕食は、今だったらブロッコリーと鮭とかししゃもとか魚を食べるかな、と思います。

それか、ハンバーグも好きなので、ハンバーグとごはんを少なめに食べるかもしれません。

そもそも、憂鬱で食欲がありません。

しかも、「何を食べたらいいかわからない」わけですから、食べ過ぎる心配はないわけです。

そんな中でも食べるわけですが、たまねぎと、油分をしっかり摂れば、血糖値を抑制しつつ、お腹も満たされます。

そして、前日は、糖分をしっかり摂る。

もし、私がまた糖尿病の再検査を受けるなら、前日の朝食は抜かないかもしれません。

前日の朝食を抜いたのは、妊婦として体重を増やさないようにするためだったからです。

体重管理が関係ないなら、朝食にパンやジャムで糖分を意識して摂ると思います。

昼に魚料理とデザート(朝食で糖分を摂っているので、デザートは半分くらい)、夜はやはりささみフライと納豆ごはんを食べると思います。

そして、間食をしないほうが、食べた物を把握しきれなくなることを防げます。

たしかに、憂鬱で食欲がないですし、「食べる気がしない」「食べたくない」とも思います。

でも、そのおかげで血糖値が上がらずに済むわけですから、今はプラスに働いていると考えて、あまり気を揉まないのが得策です。

広告



厳しい検査ではない

冷静に数値だけを見ると、75グラムブドウ糖負荷試験は、そんなに厳しい精密検査ではありません。

空腹時から、1時間後に2倍近くの血糖値になっていてもクリアできますし、2時間後は、その15%下がるだけでクリアできます。

2倍に上がっても大丈夫。

その後は15%だけ下がれば大丈夫。

そう考えると、決して「血糖値が上がっちゃダメ!」という検査ではないのです。

上がってもクリアできるのです。

そのイメージを持ったまま、当日を迎えてもらえればと思います。



妊娠糖尿病の再検査の前に思い切ってやるべきこと