お金をかけずに少しでも「大事なお客様」と思ってもらう方法

こんにちは、makinaです。

誰だって、そのお店に行く「初めての瞬間」というものがあります。

何も買っていない段階でも、お客として、大事にしてもらいたい。

そのために、できることが、いくつかあります。

まず、マイナスの印象を与えないためのポイント。

それが、「季節を先取りした服装で行く」ということです。

そして、プラスの印象を持ってもらうためのポイントが、「お店に情報や価値を提供する」ということです。

お店のすぐ近くの出来事を伝えたり、自分が試着して出て行くだけで、買わなくても売り上げに貢献することもあるのです。

季節を先取りする

販売では、季節を先取りします。

ショッピングモールでも、バレンタインが終わったらすぐにホワイトデー。

ハロウィンが終わったら、次の日からクリスマス一色です。

そんな中、お客さんの服装の季節感が遅れていると、販売計画の想定から外れるのです。

もう秋冬物なのに、夏の服装をしているお客さんに売ろうと思うと、手間暇が増えます。

「購入の意思決定までの道のりが長いだろう」と判断されるのです。

接客のモチベーションとしては、ちょっとマイナスの印象です。

広告



だから、お客のほうも、ちょっと季節を先取りした服装で行くのです。

すると、販売計画の想定内のお客様、ということになります。

きちんと接してもらえる可能性が高まるのです。

街中ではまだちょっと気恥ずかしいくらいの服装が、お店の中ではしっくりきます。

冬の終わりなら、アウターを脱いだ時に薄着になるくらいの服装がピッタリです。

秋なら、サンダルではなくブーツにしたり、思い切ってファーを取り入れてしまうのも有効です。

去年のアイテムなら、とくにお金もかかりません。

残暑の中でも、軽めのブーツをはいていると、街中では「なんのこっちゃ」という感じですが、お店ではブーツに言及してもらえることが多く、腰を据えて対応してくれます。

和装の分野でも、季節を先取りするのが着物の上級者と言われています。

和歌の季語も、びっくりするくらい早いイメージのものがあります。

「大量に購入して上顧客になる」という手もありますが、誰でも、最初は初めてです。

服装で、季節を先取りするだけで、顧客像の範囲から外れずに済むのです。

広告



お店に情報を提供する

次に、「大事なお客様」と思ってもらうためには、お店や店員さん個人に、何らかの情報を提供することが有効です。

まずは、褒め言葉。

お店だって、店員さん個人だって、褒められたら印象に残ります。

そして、お店の近隣の情報。

以前、10年以上勤められている店員さんが、お店のすぐ近くで毎月1回開催されている催しに、「一度も行ったことがない」とおっしゃっていたことがありました。

ハイブランドの店員さんも、すぐ近くに新しくパンケーキ屋さんがオープンして行列ができていることを知りませんでした。

「すぐ近く」というのがポイントです。

店員さんは、すぐ近くの出来事を、意外と知りません。

お客のほうから一言、「今日はすぐそこでイベントをやっていますよ」と言ったら、ディスプレーをちょっと変えたり、気づきになるかもしれません。

最後は、自分自身の情報です。

店員さんのほうからあれこれ聞いて探っていくのは、手間です。

自分から自分のことをちょっと言えば、店員さんを疲れさせずに済むかもしれません。

お店に価値を提供する

他には、お店で試着をしたけど買わなかったことがありました。

買っていないのですから、その時点では、お店に何も提供していません。

ただ、その後、こんなことを言われました。

「前回ご試着なさっていた姿を見た他のお客様が、同じものをご購入なさってくれたんですよ。

あの時は、従業員みんなで、感謝しました!

うちのブランドの広告のような役割を果たしていただいて、ありがとうございました。」

お店の売り上げに貢献したということです。

試着して、試着室の外に出ただけで、思いがけずお店に価値を提供することもあるようです。

自分が購入することだけが、お店への貢献ではないということです。

きちんと扱ってもらいたい

特別扱いはしてもらえなくてもいい。

ただ、きちんと扱ってもらいたい。

誰でも、そう思います。

季節を先取りした服装で訪れて、お店に情報や価値を提供する。

「このお店は、店員さんももちろんですけど、お客さんもおしゃれですよね」と褒め言葉を言うだけで、「このお客さんは、近いうちにうちの服を買ってくれそうだ」と思ってもらえるかもしれません。

お金をかけずに、「大事なお客様」と思ってもらうことも、決して不可能ではないのです。



大事にされるお客になるために今すぐできること

自分が「上品」かどうか知る方法

エルメスとグッチでほめられた!しまむらのフリルブラウス

エルメスで担当さんについてもらう2つのパターン

ハイブランドの接客のすごさを見た!

高級ブランド品の価格に上乗せされている驚きの費用