エルメスの長財布はなぜ使いにくいのか?

こんにちは、makinaです。

人気が高い、エルメスの財布。

中でも、長財布は、根強い人気です。

ただ、「エルメスの長財布は、使いにくい」という声も聞かれます。

たしかに、開閉がベルト使いだったり、金具のひと手間があったり。

小銭やお札の出し入れも、慣れが必要だったりするデザインが多い。

なぜ、エルメスの長財布は、使いにくいデザインなのか?

おそらく、お客のニーズに応えるよりも、「憧れられること」を優先しているからではないでしょうか。

お客のニーズに応えない

世界最高峰のハイブランドの、使命。

それは、「憧れられること」です。

そのためには、お客の先を行っている必要があります。

ブランドの世界観を構築し、お客をリードする。

そのためには、お客のニーズに応えていてはいけないのです。

ニーズに応えていては、お客の想定を超える感動を与えることはできません。

ニーズに応えて、商品の使いやすさや機能性を高めることはしない。

そうではなくて、ブランド側が、お客の価値観を矯正してしまうくらいの、圧倒的なデザインを提案する。

ハイブランドの使命は、そちらの方にあるのです。

使いやすければ選ばれるかというと、そうではない。

最初に「使いにくい」と思うものほど、憧れの対象となり、手にした人の愛着が強まることを、エルメスは知っているのです。

広告



「憧れられること」が最優先

エルメスが、使いやすさよりもデザイン性を重視するのは、決して「お客がデザイン性を求めているから」ではありません。

お客のニーズに応えるのではなく、お客の価値観を矯正してでもお客をリードすることが、ハイブランドの使命だからです。

だから、デザインでブランドの世界観を構築し、「憧れられること」を優先しているのです。

エルメスが、顧客のニーズを把握するために「お客様アンケート」を取ることが、果たしてあるでしょうか。

もしアンケートを取れば、「長財布をもっと使いやすくしてほしい」という要望が出てくるでしょう。

じゃあ、ケリーロングの金具とベルトは、ファスナーに変えよう。

そういうことではないのです。

ハイブランドは、ニーズには応えません。

お客の先を行くことで、憧れられる世界観を維持しているのです。

迷いが吹っ切れる

では、私たちはどうしたらいいのか。

決して使いやすいとは言えないエルメスの長財布を、使いながら慣れていくのか。

それとも、その世界観にはついていかない判断をするか。

「エルメスの長財布って、素敵なんだけど、使いにくい…。」

そう思った時には、思い出してみてください。

ハイブランドは、お客のニーズには応えません。

そこさえ押さえておけば、迷いを吹っ切れることもあるのではないでしょうか。



エルメスのさいふベアンスフレの使い勝手

エルメスでもポイントが貯まる!高島屋のデビットカード

ベアンスフレは使いにくい?耐久性は?

エルメスの長財布ケリーロングの使い勝手

買った後のほうが使いやすくなるのはどうして?

「使いやすさ」が知りたいならそれを持っていない人に聞け!?

お金をかけずに少しでも「大事なお客様」と思ってもらう方法